飛騨市の建築・まちなみを残す会の報告会!

昨年12月に「もくチャレ!」と題して木に関するたくさんのことが楽しめるイベントが行われ、その会場で高校生たちが作った木製ベンチを旭ヶ丘デイサービスセンターたんぽぽ苑に寄附いただいたのですが、それら事業の取り組みについて昨日(5/31)報告会がありました!

飛騨市の建築・まちなみを残す会「飛騨市小さなまちづくり応援事業 平成28年度事業報告会」

ひだプラすさんの投稿 2017年5月31日

※Facebook動画が見られない方は、こちらのYouTube動画をどうぞ。

この報告会は、平成28年度に行われた「飛騨市小さなまちづくり応援事業」の報告会で、飛騨市の建築・まちなみを残す会以外にも3つの団体がそれそれ壇上で報告され、どれも素晴らしい事業であり、素晴らしい内容でした。

4つの団体の報告動画はそれぞれ「ひだプラスのFacebookページ」にアップされていますし、昨年行われた合わせて14の事業のまとめも、「ひだプラスのYouTubeページ」にアップされていますのでぜひご覧ください。
そして、事業報告会のあとは、飛騨市長による鶏ちゃん合衆国から考えるまちづくりと題した講演会でした。

いつもながら市長のお話しは素晴らしいのですが、今回は鶏ちゃん合衆国の国務長官としての取り組みについてのお話し。

いかにまちづくりに取り組むべきか、国務長官の考えがとてもよくわかる講演でしたし、仕事にも通じるお話しであったと思います。

鶏ちゃん合衆国 国務長官(飛騨市長)の講演会は、機会がありましたらその機会を逃さずぜひお聞きいただきたいです。

 

そしてそして、12月に寄附いただいた木製ベンチは今どうなっているかというと・・・

足のリハビリ用イスとして大活躍中です!!背もたれが直角なので、ちょうど良いのだとか。

利用者さんからも、「お礼を言っておいてよ!」と言われましたので、この場を借りてお礼申し上げます。ありがとうございました!

 

※追記(平成29年6月6日)

鶏ちゃん合衆国 国務長官(飛騨市長)の講演会がYouTubeにアップされました!!