コツコツ

社会福祉法人神東会法人本部事務局 事務職員 奥田

———

みなさんこんにちは。事務職員 奥田と申します。

4月から勤めさせていただき半年が過ぎました。

最初の頃は、仕事をこなすことが精一杯、言われるがままにという感じでしたが、近頃少し余裕ができ見直すことで理屈が分かり、なるほどそういうことだったのかと嬉しく思う時があります

が、まだまだ覚え納得しなくてはいけない事はたくさんあります、事務所の皆さんに迷惑かけることもありますがやさしく支えられがんばっている毎日です。

 

さて何をお話ししよう、と思っても私に浮かんでくるのは登山しかありませんでした。

2011年秋、独標が始まりでした。登山道具も無くランニングの格好での登山、頂上に立った時、下を見下ろし怖いと足がすくんだのを今も覚えています。

次の年から天気が良くみんなの都合が合えば、よし行こうかと数を重ねていきました。

そしていつしかその山々から遥か遠くにいつもそびえ立っている槍ヶ岳を眺め、いつかは槍だよねという気持ちが芽生えてきました。

あるサイトを見ていたら、日本人に人気の山は富士山だそうですが、少しでも登山をした事のある人の憧れの山は槍ヶ岳だと書いてありました。まさに私たちの気持ちそのままでした。

1

 

幸運なことにここ神岡は北アルプス登山口の目と鼻の先、天気だって選んで行ける贅沢な環境です。

そして3年目ついに槍登山へとその時が来ました。目標日帰り、朝3時30分新穂高出発です。順調に進む進む、最後の登りは目の前に見えているのになかなか着かない遠くきつかった。ハァ~

それでも前に進む。山小屋到着ついにここまできたよ、残すは槍の穂先に向けて(ドキドキ)

そしてついに頂上到着やった~やった~、ものすごい達成感と冷めやらぬ興奮状態、天気もばっちりもう最高でした。

2

 

次の年は笠ヶ岳と順調に運び来年は奥穂高と張り切っていたのに、昨年体力がガタリと落ち、息切れが凄く今まで平気に登っていた山がキツイ

そして今に至っている今年は1回しか登ってない、理由はあきらかそれまで週2回はランニングしていたのに今は走ってない。

体は正直だね。でもここで歳やでなーなんて悔しいであきらめない(結構負けず嫌い)

奥穂登らなきゃ

もう一度鍛え直しです。コツコツ毎日できる事をコツコツがんばるぞー。

こんな私です皆さんどうぞよろしくお願いします。

3

 

 

———

職員からのメッセージとして、リレー形式で職員のエッセイを綴っています。これまでの職員からのメッセージはコチラ →

http://tanpopoen.or.jp/letter/category/message/