古希のお祝い

特別養護老人ホームたんぽぽ苑 介護職員 桑島


夜のパートでお世話になっている桑島です。

写真掲載で一言書いてなんて事務局から急に言われ、超ビックリ!

予期せぬ出来事ってこういう事かも…

もう、何十年も手紙すら書いていないのにー!!簡単な漢字さえ忘れ、扌(てへん)なのか、木(きへん)だったのかも分からなくなり…

あぁ…これが私の悲しい現実なんです(>_<)

 

先日、大津神社ですっかりおじいさんとおばあさんになってしまった同級生(99人)が集まり、古希のお祝い行事がありました。

女性達はほとんど和服、それはそれは綺麗でした!勢揃いってカッコいいですよね!!

一世一代の晴れ姿(チョットオーバーかな?)身が引き締まり(帯のせい?)心は優雅に、自己満足の一日でした(^^♪

scan-2

 

実は私、認知症の逃しがある母(10月で95歳)と、日々奮闘し暮らしています。

職員の方々が利用者さん達と接する光景を見るたびに、頭が下がる事ばかりです。

見習いたいと思っているのになかなか真似出来ず、やっぱり母を叱咤してばかりです。

(自分の性格が恥ずかしい~)

 

私が今まで仕事を続けてこられたのは、いつも温かく接してくださるスタッフの方々の

お陰です!感謝し、お礼の言葉としてペンを置きます。

本当にありがとうございます!!(←これが一番言いたかった私の本音です!)

 


職員からのメッセージとして、リレー形式で職員のエッセイを綴っています。

職員からのメッセージはコチラ →

https://tanpopoen.or.jp/letter/category/message/