旭ヶ丘デイサービスセンター 介護職員(育児休業中) 古田(佳)

トマトの茎の青い香り、蝉の声、木陰の砂の感触

夏のかけらたちに出会うと、子供の頃に戻る瞬間があります。

「いけちゃんとぼく」西原理恵子著 角川書店
という絵本をご存知でしょうか。

少年とずっと前からそばにいる「いけちゃん」の、当たり前でありながら光り輝いている、日常のエピソードを集めたものです。

少年はたくましくなり、いつしかいけちゃんが見えなくなります。

いけちゃんがいてくれたら、私が子供の頃に感じた淋しさや不安は、些細なことに感じられたかもしれません。

「ひとりごはんのおいしい食べ方」なんて誰も教えてくれないでしょう。

ある日、少年は家の中で探し物をしています。

「なにをさがしているの?」

「おばあちゃんがかくしたんだ。もしかしたら、捨てられちゃったかもしれない。」

「まださがすの?そとにでてみない?」

「ねえ、ずっとおぼえていてくれる?わすれない?」

「じゃあ、いつになるかわからないけど、あなたがおじいさんになったころになるかもしれないけど、かならずかえってくる。」

「わすれないでね。」

「すきだとかならずかえってこられるの。」

夏の終わりに、ふと考えます。子供の頃の私は、何を探していただろうと。


職員からのメッセージとして、リレー形式で職員のエッセイを綴っています。

次回は、ホームヘルプサービスたんぽぽ苑 ホームヘルパー坂田 の予定です。