貴重な体験

デイサービスセンターたんぽぽ苑 介護職員 水脇

———

 

皆さん こんにちは。

東町デイサービス介護職員の水脇です。

 

水脇と言えばボウリングと思う方もみえると思いますが 今回はちょっと違うお話。

 

2年程前から左膝を痛め、1年間富山の病院で治療して頂いてましたが、今後の事を考え、今年の4月に半月板縫合手術を受けました。

 

内視鏡手術だし、ちょちょっと手術して10日程入院すれば元通り‼なんて気軽に思っていましたが、半月板の縫合手術は簡単なものではなく術後の回復も考えていたように早くはありませんでした。

1週間 左足は使えず筋力もあっという間に落ちたため、病院とはいえ不便な思いをしました。

自分でトイレに行けること、お風呂に入れること、そんな事が上手く出来ないのはどんなに辛い事か。
又、それができる事がどんなに幸せな事か感じる一週間でした。

 

 

19日間の入院を終え5月に仕事に復帰、6月からは皆さんと同じように力仕事もできるようになりましたが、23年続けているボウリングには怖くて気持ちが向かいませんでした。

主治医の先生から「6月から やってみようよ」と声を掛けていただき、スポーツリハビリに通いながら徐々にゲーム数を増やしました。

 

職場の方々、主治医の先生や病院スタッフの方々、家族、ボウラー仲間など、たくさんの方々のサポートのお蔭で、術後80日の7月1日に県の大会への復帰を果たし、3位入賞することができたこと、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

 

そして、この入院から復帰までの経験を仕事にも活かせたらと思っています。

余談ですが、、

膝のためには、お尻や太ももの筋肉を鍛えるといいそうです・・・。

 

———

職員からのメッセージとして、リレー形式で職員のエッセイを綴っています。これまでの職員からのメッセージはコチラ→https://tanpopoen.or.jp/letter/category/message/