ちっちゃいけど、幸せ

ちっちゃいけど、幸せ

特別養護老人ホームたんぽぽ苑介護職員 小野


ちょっと前まで、自分は不幸だなんて思ったりもしてたけど、今はそうでもないのかな・・

ささやかな、ちっちゃい事に幸せを感じたりしています

 

待っててくれる人がいる事

帰るなり、「腹へったあ~」しか言わないけど、それで充分かな

20100711 (1)

 

パンやお菓子を作る事

他人の親切のおかげで、過ごしていける私なので、せめてもの恩返しにと、おいしく食べてもらえるように、暇をみつけて励んでいます

20100711 (2)

 

念願のオール電化にしました

エコキュートは経済的だし、IHは便利で早い、そして蓄熱暖房機は一日中あったかで大満足おまけに、抽選で36インチのAQUOSまで当ってちょ~ラッキーでした

 

重ね着にはまってます

たまに(いつも?)変な格好してるかもしれないけど、笑って許してください。おしゃれな人たくさんいるので、またパクらせてもらうかも・・

 

エコしています

もともとがせこいので、得意なんです例えば出がらしのティーパックは食器の下洗いに使うと、油を吸着するので、後が楽です。更に乾燥させて、てんぷら油の後始末にも使えます。

古着のぼろ布も、綿は苑でも活躍するけど、化繊だって家庭での掃除に便利!冷蔵庫の表面や、油の飛んだ壁を擦ると綿より落ちました。みかんのネットに詰めて縛れば食器洗いにもなりますよ~ちょっと貧乏くさいけど、興味がわいたらお試しください。

 

ひとときの幸せ

ひとつは、仕事帰り、今日も一日無事終えられた事に感謝しながら、あの坂道をとぼとぼと登ること。

もうひとつ、一日の終わりに一人こっそりアイスクリーム(大好きなんです)を食べながら新聞を読むこと。

 

今、一番幸せな事

それは、こうして元気に皆さんとお仕事させてもらえる事

いつも私の身体の事情にご理解や、配慮を頂き、ありがとうございます。できる限り迷惑をかけないようにと思っています。もう少しだけ、頑張らせてください。これからもよろしくお願いします。

 

皆さんはどんな時に幸せを感じますか?

 

 


職員からのメッセージとして、リレー形式で職員のエッセイを綴っています。

次回は、 特別養護老人ホームたんぽぽ苑介護職員 蔵田の予定です。