Pleasure

Pleasure

特別養護老人ホームたんぽぽ苑 介護職員 稲城


こんにちは 2階介護職員の稲城です。

何をやっても三日坊主の私が、10年程続けていることがあります。

それは、ソフトミニバレーです。

皆さん聞いた事があるかと思いますが、最近神岡でも若い人達もやり出し町民大会では20代から50代まで幅広く参加しています。年齢を問わず楽しめるスポーツです。

ルールはバトミントンのコートに4人制でやわらかいソフトボールを使用します。

スパイクを打つ時はジャンプは禁止。ブロックは味方にボールがかえるようにします。

元々、高山が発祥の地で本当のルールは味方にサーブを打ち3回で相手コートへ返します。(神岡ルールは相手へサーブしますが・・・)

育児がひと段落した頃から週2回旧山田小の体育館へ通っています。(最近はあまり行って

いませんが)

練習はウォーミングアップをしてから8人程そろったところでコートに入りずっと試合形式で練習します。珍プレーあり、好プレーありで腹をかかえ涙が出る程おかしい事もあり笑いの耐えない練習です。私のストレス解消の場です。

大会へも参加することがあります。年に4・5回あります。だいたい高山で開催されます。

午前中に各ブロックで予選を行い午後から決勝トーナメント。決勝トーナメントに残れるかどうかもわからないのに、高山へ行く途中でみんなで昼食の弁当等を買います。まるでピクニックに行くかの様にウキウキします。ほんのちょっとした事ですが、私にとって自分の為にする些細なことがとても嬉しく今日もがんばろうと言う気にさせてくれます。

何度か出ている大会で心に残っている大会があります。

6年くらい前のタイムリー杯という大会で、いつも参加賞めあてに参加している私たちですが、運よく決勝トーナメントに残り決勝戦までいきました。接戦の末、準優勝でした。

試合直後、チームの1人が泣き出し不覚にも私も悔しくて悔しくて大泣きしてしまいました。忘れかけていた学生時代の部活のように・・・

閉会式で個人として敢闘賞を頂き赤い目をして賞状をもらいにいった時はさすがに恥ずかしかったです。(賞品のカップラーメン1箱をチームのみんなでわけました。)

その時、チームみんなで撮った写真が新聞に掲載され父が「こんな事は二度とない。」と切り抜き、実家に飾ってくれました。ちょっとした親孝行になったかも?

これも健康に育ててくれた両親に感謝!

私の楽しみに協力してくれる主人や義母や子供に感謝!です。

「いい年をして」と思われるかもしれませんが、いくつになっても悔しいとか嬉しいが感じられる大人でありたいと思います。そして、そう感じられる事の幸せに感謝したいです。

最近は忙しく中々練習に行けず、段々足が遠のいていますが、昨年末に「今度試合に出てくれる?」と誘ってくれる友人の声に「カチッ」と私の中でやる気のスイッチが入ったようで・・・今年は出来るだけ練習に行こうと思っています。そして、6年前のあの時のような熱ーい試合ができたらいいな!


職員からのメッセージとして、リレー形式で職員のエッセイを綴っています。

次回は、特別養護老人ホームたんぽぽ苑 介護職員 田近 の予定です。