クメールの微笑み

特別養護老人ホームたんぽぽ苑 城野

日本から約10時間。空港に着いた時には外は真っ暗。夜9時。

空港で出迎えてくれたのは、Tシャツに短パンのお兄さん。

「トゥクトゥク」の運転手さんだった。

街灯の少ないガタガタの道だが、凹んでいるところをうまくかわしながら走っていく。

湿った生暖かい風をまともに受けながら、日本とは違う景色を見ていると、自分のすぐ隣を車やトラックが走り抜ける。 ハラハラドキドキ…(*^_^*)

来ちゃったんだ…。カンボジアへ♪

トゥクトゥクに乗ってスリル満点

シェムリアップの売店シェムリアップの川

ガイドブックに絹製品が安いと書いてあった。

マーケット内のある店で気に入った絹織物があり、値段交渉。

15ドルと言われ、「高い!もっと安くして~」と頼む。 「ジャ、13ドル。」

英語もクメール語もワカラナイ (@_@

電卓の渡し合い。店員さんに「ダメ、ダメ。アカジ、アカジ。」と言われながらも粘りに粘って8ドルにしてもらった。 約半額。自分頑張った☆

ウキウキ気分で次のお店へ。

同じような絹織物があり、この店はいくらで売ってるのか聞いてみた。

聞かなきゃよかった…。最初の売値が4ドルだと言うじゃない!?

どう見ても、自分が買ったものと大差ない。

ヤラレタ…。クソーっ!!金返せ~(><)/

旅行3日目。遺跡を巡っている途中、その女の子と出合った。

汚れた服に、裸足。舗装されていない道の上に座り込んでいる。

火傷を負ったのか、顔はただれ、腫れており、手も不自由な様子。

何も出来なかった。何をしたらよいのか…。 その子の前をただ通り過ぎた。

テレビで、地雷を踏んでケガをした子や、ケガをしてもお金が無い為、病院受診出来ないという子がたくさんいることは知っていたし、そんな子供達の為にちょっとでも役に立ちたいと思っていたが…。何もしなかった自分に腹が立ち、ものすごく後悔した。

帰りに、またその道を通る。

だけど、その女の子を目の前にして、何が出来るのか…。

その子に再び会い、メンバー皆で、わずかだがお金を渡した。

折れそうに細い不自由な手でお金を受け取り、胸の前に持って行き、こちらをジッと見ている。 声も出せないのか…。表情も変わらない。

喜んでくれただろうか…。

下を向いて歩く。 沈黙が続く。

自分がとても恵まれた環境にいることを痛感した。

日本に戻ってからも、いろんな形で支援は出来る。これから、自分なりに、出来ることから始めようと思った。

祈り日本人夫婦の寄付で作られた井戸

アンコール・ワット他 遺跡群。 想像していた以上だった。

彫刻が細かく繊細で、とても綺麗。

今は雨季の時期。空の青と遺跡の茶色と葉の緑がとても鮮やか。目にも優しく写り、かなり癒される。

アンコール・ワット青・茶・緑

細かい彫刻

いきなり来た。ザーッ!!というより、ドーッ!!!と、ものすごい雨が。

店に逃げ込み、食事をしながら雨がやむのを待つ。

道路は一気に水浸し。そんな状況でも、車やバイクはバシャバシャと音を立てて走ってゆく。パワフルだ。

雨が降ると・・・


野菜炒めや、カレー。色鮮やかで奇妙な形のフルーツ。それにビール♪

どれもハズレ無し。とてもおいしかった。

お昼ごはん。めちゃウマ☆

今回、実際に現地へ行って、自分の中の常識が覆されたこともあったし、目にして、体感して、わかることがたくさんあった。 とても充実した旅行だった。

行ってよかった (*^^)v

今回の旅行を企画&迷っているアタシの背中を押してくれたKさん、旅行のメンバーに感謝♪

来年は…どこ行く???()


職員からのメッセージとして、リレー形式で職員のエッセイを綴っています。次回は、特別養護老人ホームたんぽぽ苑 調理職員 小椋 の予定です。