飛騨神岡高等学校校内企業展に参加

平成30年11月9日(金)岐阜県立飛騨神岡高等学校において、校内企業展が開催されました! 初開催ですっ!

これは、飛騨神の生徒が地元企業への理解を深め、高校卒業後、又は上級学校の進学後の進路選択の参考になり、地元で働くことの意義や役割に目を向け、今の学習にもより一層の興味や意欲を持つことができ、進路意識の高揚の一助になるというもの。(飛騨神の開催趣旨より)

地元の企業の紹介を受け、ゆくゆくは地元に戻ってきてもらいたい。そう考えると素晴らしい企画だと思います。

 

今回の参加は14企業。神岡鉱業や神岡部品、八ツ三館やアルプス薬品工業、製造業からサービス業までいろいろ、全て飛騨市内の地元企業です。

学校からの説明を受け、いよいよそれぞれの教室へ。

 

今回、就職ガイダンスなどでよくあるブース形式ではなく、一企業ごとに教室を割り当てていただき、前後半20分ずつ説明をさせて頂きました。

生徒さんの参加は、前半10名 (1年生7名、2年生3名) 後半は13名 (1年生3名、2年生10名)でした。たくさんの方に参加いただきましてありがとうございました。

 

なかなか、高校生にとってなじみが少ない介護や福祉、その職場であるたんぽぽ苑の話を聞いていただけることが少なくて、こういう機会はとてもありがたいです。

少しでも興味を持っていただけたらありがたいなぁ。

 

※岐阜県立飛騨神岡高等学校のFacebookページ

11月9日(金)校内企業展1.2年生が地元企業14社から会社の業務内容などの説明を聞きました。高校を卒業してすぐ就職することを希望している生徒はもちろんのこと、上級学校へ進学を希望している生徒も、将来地元に帰ってきて働くというイメージを持つためにも、とても貴重なお話を聞かせていただけたようでした。

岐阜県立飛驒神岡高等学校さんの投稿 2018年11月9日金曜日

 

 

たんぽぽ苑ではFacebook、Twitter、Instagram、LINE@ など各種SNSにて情報を発信しておりますので、これを機会にフォローいただけますようお願いいたします。(たんぽぽ苑で検索してください。)