特養介護チーフ 前原

人生には三つの坂があります。 『上り坂』 『下り坂』 『まさか』という小泉元総理の言葉がテレビから聞こえてきた時私はまさにこの〝まさか〟と直面していました。忘れもしません、昨年の9月29日、場所は某コンビニの駐車場。買い物を終え車に戻る途中、バックしてきた車にぶつかり転倒!!

この時まで事故とは無縁と思っていた私にとって〝まさか〟の出来事でした。

幸い怪我は大した事はありませんでしたが、三日で治ると言われた傷が治るのに一ヶ月かかった時には、自分の歳が確実に積み重ねられている事を実感した出来事でもありました。今は忍び寄る年齢と軽く残った腰痛と戦う毎日です。

年齢の話をすると一体いくつなんだ?と思われるかもしれませんが、昨年は厄年でした。

そう考えると一昨年・昨年と「やっぱりそうなのか?」と思ってしまうくらいに自分の生活の流れが大きく変った時期でもありました。

『喜怒哀楽』どれかといえば、〝怒〟〝哀〟が多かったかな?と思ってみたり、でもお腹を抱えて大笑いする事もあったりして、結局はよくバランスがとれているもんだなとこれを書きながら思ったりしています。

人見知りの内弁慶でこの仕事につく際に親に「本当にできるの、大丈夫なの?」と心配された私も14年が過ぎようとしています。4月には15年目に突入です。

今年は〝喜〟と〝楽〟が大半を占められるように、そして嬉しいまさかでいっぱいになるような良い年にしていければ良いと思います。

その為に次の事を頑張ろうと思います。(本当は毎年同じ事を思い、毎年挫折しています。)

早起き (朝が大の苦手なのに、夜になると頭が冴えてくる夜鷹です)

計画をたてて行動する。(無計画!!完全に行き当たりばったり、なるようになると思っているところあり)

掃除(これができたら私が大成長している兆しです。)

客観的にここだけみたら、かなりだらしの無い人ですね。恥ずかしい限りです。

後は趣味をみつけて、上手に息抜き、ストレス発散できるようにしたいです。結構引きずるタイプなので。

ずらずらっと自分の思うことを書き連ねてみました。最後に12月の職員旅行の写真を見てください。九州旅行の思い出です。

湯布岳 湯布岳

阿蘇山 阿蘇山(ガスが多く登る事は出来ませんでした。)

熊本城 熊本城(外は改修中でした。)

熊本城 熊本城(紅葉は残念ながら終わってました。)

福岡ドーム この怪しげな雲の向こうに福岡ドームがあるはず・・・。


職員からのメッセージとして、リレー形式で職員のエッセイを綴っています。次回は、旭ヶ丘デイサービス生活相談員 小林 の予定です。