芋のはなし 栄養士 下倉

ある日、食事の時間に昔の食べ物の話を聞いた。

食べるだけでやっとだったと話してくれた。

今は、ころ芋の煮たのが好きやって言ってみえた。

昔もよく食べたの?、と聞くと、昔は、砂糖なんかなくて甘いものなんかなかったんや。

とのこと。

すかさず、近くの席の男性が、あのころは甘いといえばサッカリンしかなかったよなぁ。と言うと、まわりの方は、うん。うん。と、うなずいていた。

そのあと、「芋は塩で煮たんや。」と話してくれた。

芋を塩で煮る!?

ってどんななの??

揚げたり、蒸した芋に塩をかけて食べるとおいしいよな~、なんて思ったが、どうやって煮たんだろうと考えた。

その話しを他の人(若者)にしたら、塩水で煮るんじゃないのって言われた。

けど・・・想像がつかない。もう一度、教えてくれたお年寄りに聞いてみた。

そしたら、豆も塩で煮たんやと、またまた教えてくれて、おどろいていたところにまたあの男性が語ってくれた。「漬物の水も捨てずに使ったんやぞ。」って・・・。

私も煮て食べてみようかなって言ったら、「そんなの絶対食えんわなと」あっさり言われた。

「あのころは、なんでも塩を使って塩辛いものばかり食べとったのに、九十過ぎてもいまだに元気やさ」 とその方は、いつも語ってくれる。

話しの最後は、いつも歳の話題で幕が閉じるのです。


職員からのメッセージとして、リレー形式で職員のエッセイを綴っています。次回は、ケアマネージャー堀本の予定です。